金子 穂積

CTO's

中途入社

ゼロイチの プロフェッショナルを 目指して

INTERVIEW

エンジニアドリブンな組織

入社の決め手となったポイントや出来事を教えてください。

最初のきっかけは、自分自身がSun*のお客さんとして関わったことです。当時、僕がCTOを務めていた会社で開発のパートナーを探すことになり、複数の候補の中からSun*を選びました。Sun*を選んだ大きな要因は、エンジニアドリブンな会社であることと、ベトナムと日本でタッグを組めるという面白さに興奮を覚えたことです。

それから、Sun*のベトナムチームと一緒に開発した際のスムーズな成功体験が自分の中にインプットされていたので、自然な思考の結果としてSun*にジョインしたという感覚です。

CTOとしてクライアントのプロジェクトを支援

現在の仕事内容と挑戦していることを教えてください。

クライアントの事業の立ち上げ段階にCTOの立場で入って、技術的なサポートや、サービスを拡大していくための戦略的なところを支援しています。

例えば、僕がいまCTOとして入らせていただいているところは、資金調達を終えて、エンジニアチームもできたんですが、まだチームがうまく機能していない部分があるので、チームワークや技術力の向上のために動いています。僕自身はゼロイチの部分が好きなので、基本的には事業のスタートの部分でサポートをすることが多いです。

いろいろな業界のゼロイチに携われる

Sun*で働くことの魅力はどんなところにあると思いますか

一言で言うと、メンバーみんなが面白いところです。メンバーと話していると笑いが絶えなかったり、みんなの発想が豊かなので、面白いアイディアがどんどん生まれてくる。そういうところが、すごく良い会社だなと思います。

あとは、お客さんとの関わり方ですね。良い意味で、お客さんとして接するのではなく、同じチームのメンバーとして一緒に動こうとする。お客さんの強みを考えた上で積極的に提案をして、ゼロから共にゴールまで並走することができるのはSun*ならではだと感じています。

なにかをゼロから作るのは大変ですが、ベストな道がわからないからこその面白さがあります。そこを、お客さんと一緒に考えながら試行錯誤するという経験には、すごく意味があると思います。

また、開発の際はベトナムにいるエンジニアと協力して動くので、グローバルな視点が身に付きます。抱える案件も多様なので、新しい技術に触れる機会が多いところも良いですね。相談される案件も刺激的なものが多く、いろいろな業界のゼロイチに携われるのがSun*の面白いところです。

主体的に動くことができる人ほど活躍できる

Sun*で活躍する人はどんな人だと思いますか?

Sun*は、社内のルールが少ない。だからこそ、自分でルールを決めて主体的に動くことができる人ほど活躍できると思います。

困った時に相談できるメンバーはたくさんいるので、「言われなかったら仕事をしない」というスタンスではなく、むしろアサインされなくても勝手に動くくらいの勢いでコミットするのが良いのではないでしょうか。

INTERVIEW Movie