杉山 早紀

デザイナー

中途入社

デザインの力で、 最高のプロダクト作りを。

INTERVIEW

エンジニアと共に成長できる環境

入社から現在まで、Sun*のデザイナー達がどのように発展してきたと思いますか?

現在、Sun*のデザイン系人材は国内外合わせて100人規模になっていますが、私の入社当時(2015年)はほぼベトナム拠点のみの20〜30人程度でした。
もともとSun*はベトナムのエンジニア集団として、クライアント様の口コミで案件を拡大していったこともあり、当初はデザイン工程込みの開発案件の割合は高くありませんでした。

ただ、実装をしていく際にエンジニアとデザイナーが同じ社内にいて、随時コミュニケーションできる環境は開発現場にとってもクライアント様にとってもメリットが大きく、よりスムーズでクオリティの高い開発を行うために、デザイン体制の需要が高まっていったのだと思います。

ここ1〜2年くらいは実装フェーズだけではなく、PoCの上流工程からデザイナーが入るケースも増えており、私自身もプロダクトのコンセプト設計やプロトタイピング制作など、企画初期からご協力させていただく案件の比重が高くなっていますね。

積極的にチャレンジする人は、働けば働くほどこの会社にフィットする

デザイナーとしてSun*で活躍する人はどんな人だと思いますか?

デザイナーに限った話ではありませんが、主体的で、チャレンジングに行動できる人だと思います。Sun*は、良くも悪くも組織として細かく体系だっているわけではないので、困ったときは自分からアラートをあげないと誰も助けてくれません。

逆に、デザイナーとして現場で手を動かしながらも、自分の専門領域にとらわれず、プロジェクトを俯瞰的にみて課題を発見していける人には合っていると感じています。例えば、「ディレクターに挑戦したい」と自分から手を挙げて上流工程に食い込もうとするような人は、働けば働くほどこの会社にフィットしていくと思います。

働き方の面では、会社全体でリモートワークが活発なため、集中して作業をするとき、リラックスしてアイディアを出したいなど、その時々に応じた環境で働きたいデザイナーにとって魅力的だと思います。

デザイナーとして突き出た強みや得意分野を作りたい

今後、挑戦したいことはありますか?

Sun*ではいろいろな業界の案件に携わることができるので、自分の能力を伸ばしながらも、デザインの領域だけに閉じず、コンサルティングや開発のリードなど、できることの幅をさらに広げていきたいです。

具体的なキャリアプランのゴールは特に掲げていませんが、私もいい社会人年齢になってきたので、デザイナーとして、強い業界や業種ジャンルを持ちたいと考えています。