長井 龍一

エンジニア&プロジェクトマネージャー

新卒入社

技術者をベースに、ビジネス側でも 幅広く活躍できる存在へ

INTERVIEW

面白いもので溢れる社会にしたい

-Sun*に入社した背景を教えてください。

「誰でも価値創造に夢中になれる世界」、Sun* の掲げるビジョンが、まさに自分の目指しているものとマッチしていました。こんなに自分のやりたいことが全部できる会社があるんだと、運命を感じました。もともと「面白いもので溢れる社会にしたい」という漠然とした思いを持っていました。例えば、教育事業によって面白いものを創れる人が増えたり、種であるスタートアップ事業を盛り上げたり支援をしたり。そういったことに、強い関心を持っていました。

就職活動でSun* と出会うまでは、国の行政機関での就職を視野に入れていました。自分のやりたいことをマクロな方法で達成したいなと。でも、色々な企業のサマーインターンを経験してみて自分は大きい組織でやっていくタイプではないと感じたんです。それからは、スタートアップやベンチャーも視野に入れるようになりました。Sun* は民間企業でありながら強い想いを持っていて、社会を前向きにアップデートしようとしている。そんな会社が民間企業にあることを知って、衝撃が走ったのを今でも覚えています。やりたいことをマクロでやるかミクロでやるか悩んだ結果、まずはプレーヤーとして活躍したいと思いSun* に入ることを決意しました。

メンバー全員が価値を出し続ける

-Sun* のインターンではどんなことをしていたんですか?

セブと日本、2拠点でインターンを経験しました。セブではBrSEの補佐やQ&Aとして、アジャイル開発チームに従事。そこではアジャイル開発のスタイルを学んだり、オフショア開発の現場を経験しました。日本と違って、アーリーステージのスタートアップが生き残るには、メンバー全員が価値を出し続けなければならない厳しい環境。自分の開発知識がまだまだ足りないこと、視座を高く持ち常に価値を出し続けることの必要性に気づかされました。

日本では会社のことを幅広く知るために、セールス、コンサルティング、リクルーティング、新規事業プロジェクトに従事しました。自社についての説明をする機会が多く、自分の言葉で会社を語ることを求められました。会社のビジョンに共感して入社したので、それを達成するためにどういうスキームで想いを持って働いたらいいのか、深く考える絶好の機会になりました。Sun* でのインターンは、全て私の意向を汲み取っていただき実現できました。やりたいと自ら声を上げれば挑戦させてもらえる環境、人がそろった会社だと感じます。

技術者をベースに、デザインも、経営も

-今やっている仕事と、今後挑戦したいことを教えてください。

今は、ゼロベースでの新規事業開発を支援する部署で、プロジェクトマネージャーとエンジニアをしています。入社と同時にプロジェクトに入り、メインプレーヤーとして働いています。将来的には、「技術者をベースにして、ビジネス側で幅広く活躍できるようになりたい」と、入社前に伝えていたのでそれを考慮してアサインしてくれました。とはいえ、未経験で始めたばかりということもあり毎日壁にぶち当たっています。困ったときは、自ら声を上げれば先輩たちが的確な道を示してくれます。やりたいことに挑戦させてもらえて、全力で打ち込める。新卒にとっては最高の環境だと思います。

もともとビジネス職で採用されましたが、入社時にエンジニア職へのジョブチェンジを志願しました。海外インターンでの経験を通じてエンジニアリングの必要性を知ってから、自身も開発の知識を身につけるだけではなく自分でできるようになるべきだと考えました。今は自分のやりたいことを、新卒のうちから裁量権を持ってやらせてもらえています。数年後には、もっと幅広く色々な業務に関わっていき、デザインや教育、経営もやりたいと思っています。自分の可能性を広げてビジョンの実現をしていきたいです。